製造工程 | 貼り箱のオーダー 株式会社カミヤアートパッケージ

製造工程WORK FLOW

貼箱製造工程

1.オンデマンド印刷工程

箱の表面に貼る貼紙にお客様のオリジナルデザインを印刷します。
印刷オペレーターが、お客様から頂いたデザイン・色等をみながら印刷機の選定・色合わせ・位置合わせ等を行い印刷していきます。

オンデマンド印刷機は、電源入切・温度・湿度によって、同じデータを同じ印刷機で全く同じ設定で印刷しても色味が多少変わる事があります。
印刷オペレーターは、見本サンプルを見ながら毎回色合わせから始めますが、色によっては、全く同じ色味に合わせるのが厳しい場合がございます。

2.断裁工程

芯材や貼紙を箱サイズに合わせてカットを行います。
カットされた芯材や貼紙を、箱の形状へ合わせて加工します。一般的に貼箱の芯材は、チップボールを使用しますが、弊社では段ボールでの製造も可能です。
段ボールは、軽くて厚みがあり緩衝性に優れています。
どちらの芯材も加工可能ですので、箱の用途や中に入れる商品に合わせて芯材を選びご提案いたします。

3.貼り工程

貼箱の名前にあるように、製造過程の中心となる工程です。芯材と貼紙を接着させます。小ロットから大ロットまで対応可能です。
小ロット貼りは職人達による手作業で。
職人達がひとつひとつ丁寧に仕上げる技術は圧巻です。
大ロット貼りは、機械化へ。
機械化により生産性・品質向上が可能となりました。

4.仕上げ工程

箱の最終組み立て、仕切り等をセットアップします。
また、不良品が無いか最終検品も行います。
各工程を経て製造されてきた各パーツを、最終工程である仕上げ工程で組み合わせてひとつの箱へ仕上げていきます。
その際、紙の破れ・汚れ等不良品が無いかの検品も同時に行っていきます。

段ボール小箱製造

貼箱とは違い、段ボールだけで仕上げる箱です。
厚みのある段ボールを使用して、針金ホッチキスでとめて小箱をつくります。
段ボールと針金しか使わないシンプルな構造ですが、緩衝性に優れてる為に、陶器を入れる箱として使用されています。